不眠症に効く、エッセンシャルオイルの使い方♪

SHARE

不眠症に効く、エッセンシャルオイルの使い方♪

Pocket

忙しくなると疲れているのになぜか目が冴えてしまって眠れないと言う事があると思います。

それは脳の交感神経が優位に立ってしまっているからです。

体の働きを無意識に調整している自律神経は交感神経と副交感神経からなり、主に活動時には交感神経が、

休息時には副交感神経が優位になります。

 
今回はエッセンシャルオイルを使用し脳に直接働き掛け、
副交感神経優位の穏やかな心に調整し眠りの改善に効果的な方法をご紹介します。




 

寝つきが悪い。

【オススメのエッセンシャルオイル】
・ラベンダー
・プチグレン
・クラリセージ
・オレンジスイート
・ラバンサラ

主に鎮静作用があるエッセンシャルオイルです。

アロママッサージ

●やり方●

①紙コップ等の容器にホホバオイル5mlとエッセンシャルオイル1滴を加えよく混ぜます。
②①を首筋や胸に塗り、なでる様に優しくマッサージします。
*眠る1時間前に行うのが効果的です。
オイルを塗るだけでも効果が期待出来ます。

エッセンシャルオイルの吸入

●やり方●

①エッセンシャルオイルをティッシュペーパーやハンカチに3滴落とします。
②①を鼻に近づけて香りを嗅いだり、枕元に置いて寝ます。
*眠る1時間前ぐらいから行うのが効果的です。

エッセンシャルオイルの塗布

●やり方●

[材料] ラバンサラ・・・3滴
ラベンダー・・・2滴
ホホバオイル・・・10ml

①紙コップ等の容器に材料を入れよく混ぜます。
②寝る前にみぞおちに塗ります。

夜中に目が覚めてしまう。

アロママッサージ

●やり方●

[材料] ラバンサラ・・・2滴
ラベンダー・・・2滴
プチグレン・・・1滴
オレンジスイート・・・2滴
ホホバオイル・・・20ml

それぞれ鎮静作用に加え、ラバンサラは清涼感の有る香りで呼吸を楽にする効果と、
オレンジスイートには血行促進や冷え性に効果が期待出来ます。

①紙コップ等の容器に材料を入れよく混ぜます。
②寝る前に胸や背中に塗り5分程度やさしくなでる様にマッサージをします。

 



明け方に目が覚めてしまう。

アロママッサージ

●やり方●

[材料] ラバンサラ・・・2滴
ラベンダー・・・2滴
マンダリン・・・1滴
ホホバオイル・・・10ml

それぞれ鎮静作用が期待出来ます。

①紙コップ等の容器に材料を入れよく混ぜます。
②寝る前に胸や背中に塗り5分程度やさしくなでる様にマッサージをします。

アロマバス

●やり方●

オレンジスイートを3滴37~39℃ぐらいのぬるめのお湯のお風呂に落とし、
よくかき混ぜゆったりと入浴します。

*夜中に目が覚めてしまう方にも効果滴です。

 



まとめ

疲労回復や美容促進、健康維持など睡眠は全ての源ですので質の良い睡眠をとって
毎日元気に過ごしたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です